第3回粉体技術における工業晶析国際シンポジウム-微粒子生成と機能化-
The 3rd International Symposium on Industrial Crystallization Inspiring Powder Technology (3rdISICIPT) - Fine Particle Formation and Functionalization -

ナノ粒子や微粒子などの粉体をビルドアップする晶析に関する国際シンポジウムを開催します。第3回このシンポジウムは、晶析現象を設計する技術と晶析特有の現象に関する情報を全世界から集めてきましたが、晶析分科会と粉体工学会の晶析による微粒子生成と機能化グループ会の合同開催の第1回でもあります。
前半は、晶析装置設計スケールアップと操作方法に関する最新情報に関するもので、後半は、液相中および気相中での微粒子生成とその機能に関する最新動向に関するものです。日英同時通訳を生かした、ラウンド・テーブル・ディスカッションも行います。

[概要]
主 催: 社団法人日本粉体工業技術協会 晶析分科会
共 催: 粉体工学会 晶析による微粒子生成と機能化グループ会
協 賛: 日本海水学会、日本無機薬品協会
日 程: 2006年11月10日(金)
場 所: 幕張メッセ国際会議場201室
対 象: 医薬、製剤、化学、食品、装置工業、他
参加者数: 100~120名
参加費: 11,000円(会員、POWTEX協賛団体会員、協賛・企画団体会員)、15,000円(一般)

国際粉体技術フォーラムへの参加費(会員3,000円、会員外5,000円)を含んでいますので、本シンポジウムのお申込み時に参加の有無をお知らせください。
言 語: 日本語および英語(同時通訳付)
参加申込: Eメールで、必要事項(氏名、会社名、所属部署名、連絡先、参加区分等)を
お知らせください。晶析分科会 代表幹事 山崎康夫 info@crystallization.org

[プログラム]

10:00~11:35 座長 城石昭弘教授、 Dr. M. Jones

1. 挨拶 晶析分科会コーディネータ(城石昭弘教授、富山大学)
2.講演 回分晶析装置のプロセス制御方法(Prof. Sohrab Rohani、カナダ)
3.講演 回分晶析装置の設計と操作条件(Dr. Wayne Genck、米)
12:35~15:00 座長 尾上薫教授、
Prof. S. Rohani

4. 講演 晶析形態制御に関する技術動向(城石昭弘教授、富山大学)
5.講演 多孔性微粒子の生成とその応用(Dr. Matthew Jones、独)
6.講演 過飽和溶液中における核生成ならびに結晶成長シミュレーション(白川善幸助教授、同志社大学)
7.講演 液滴中での核生成および成長によるナノ粒子合成(奥山喜久夫教授、広島大学)


15:15~17:00 RTD 晶析グループ会との合同ラウンド・テーブル・ディスカッション

司会 ジョーンズ博士、奥山教授、白川助教授、山崎博士
1.有機結晶の多形と制御
2.微粒子の生成と機能性